新卒採用の会社案内作りで起きる3つの悩み事

2021年10月14日

採用向けの会社案内・パンフレット制作もおまかせ!「クリエイティブキャンプ」のライターです。
今回は新卒採用向けの会社案内・パンフレット作りで起きる3つの悩み事についてお話しします。

 

良い人材を獲得するための採用活動について

若年層の人口が減少するなか、新卒採用期間の短縮などもあり、良い人材を獲得するために多くの企業が今まで以上に採用活動にチカラを入れているようです。
当社のクライアントからも新卒向けの会社案内を作成したいというご要望が多く挙がっています。

ただ、中小企業の新卒採用人数というのは、大手と比べるとそれほど多くないのも事実。
10人未満の採用枠に対して、それほど多くの費用を投下できないという悩みも多くあります。

結果的に「出来る限り安く作成したい」というニーズとなって当社にも声がかかります。

しかし、採用向けの会社案内というものは、その特性上、通常の会社案内よりも価格が高めになってしまいます。

 

その理由としては、

  1. 情報量が多くなり、ページ数が増える
  2. 写真撮影・取材などが必要になる
  3. 2年目以降に修正が発生しやすい

といったことが挙げられます。

 

通常の会社案内と異なり、掲載する情報量が多くなることがほとんどです。
イメージも重要になり写真を大きめに入れると情報を掲載する枠が少なくなる。
そうすると当然、ページ数を増やすしかなくなってしまいます。
ページ数が増えればデザイン費も印刷費も高くなってしまいます。

また、最近の学生は「どういうところで働けるのか?」「どんな人達が働いているのか?」といった、仕事内容に加えて環境なども重要視する傾向があるので、「写真」というものがとても重要な要素になります。
一眼レフカメラなどで、しっかりと雰囲気のある写真を撮影する必要があります。

最後に新卒向けの会社案内ならではの話ですが、2年目以降に修正が入るコンテンツがとても多いことも見逃せません。
年度の表記、募集要項、アンケート結果など、情報が古くなればなるほど反応率が悪くなってしまうので、毎年情報を刷新していく必要があります。

こういった条件を背景にして、一般的な会社案内よりも費用をかけて作らなければいけなくなってしまいます。

また、当社に新規で採用向け会社案内を依頼して頂くクライアントの多くが「急ぎで作りたい」というニーズも併せもっています。
作らなければいけないと気付いたのが、会社説明会の2週間前・・・なんていう話もざらにあります。

多くの人事担当者の方もこういった悩まれた経験をお持ちなのではないでしょうか。

ちなみに当社にはデザイナーが所属していますので、そういったスピード・価格のご要望に柔軟にお応えしております。
当社のサービスの宣伝になってしまいますが、スピードと価格にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。
ご満足頂けるものをご提供させて頂きます。